340億円

 明日からの第3回定例会を前に、提出される議案についての説明を行う常任委員会と、特別委員会(前日委員会という)が開かれました。
 農政委員会では、熊本地震での農業施設の災害復旧への技術者派遣にかかった費用約190万円と、道営事業等の市町村負担分を徴収するための承認案件が提出されました。
 また、8月から9月上旬にかけての台風と大雨による農業被害が報告されましたが、その額は実に340億円に上るということです。その多くは農作物等の被害ですが、そのほかに農地の損壊等が119億円にも上ることも報告されました。
 作物だけなら、来年は耕作可能ですが、農地そのものが侵食されたり失われたりしたものは、復旧にはかなりの困難があります。
 また、先日の委員会で指摘した「査定前着工」について各市町村に活用を呼びかけたとの報告もありました。

コメントを残す