参議院選公示

 参議院議員選挙が公示されました。昨年の政権交代後初の国政選挙ですが、昨年の総選挙で民主党が示した「マニフェスト」のあまりにもひどいだましの実態に、国民はどう審判をするのか私は注目しています。
 昨年のマニフェストを見て、財政運営上あり得ないと思っていましたが、無駄を排除すれば16兆円の必要財源は確保できるとした無責任な言い分は、今でも国民の政治不信とつながって、菅政権に引き継がれています。消費税10%論議は、自民党の打ち出したものをそっくりかすめ取って争点を打ち消し、期待感だけを引き継ごうとする戦略に他なりません。

 経済活性化策と、それに支えられる将来の安心のための財源確保策としての10%と、無料化やばらまきによる国家財政の逼迫を穴埋めするための10%の違いを有権者に理解してもらわなければと思います。

コメントを残す