知床世界自然遺産

 平成17年7月17日、南アフリカのダーバンで知床が世界自然遺産に登録を認められてから5年がたったのを記念して、斜里町ウトロにある遺産センターで高橋知事も出席して記念式典が開かれました。
 式典には当時登録に向かって努力を積み重ねられた元斜里町長の牛来さんや、羅臼町長だった辻中さん、羅臼漁協組合長だった石黒さんなども出席してささやかでしたがセレモニーを行いました。
 海と陸の相互関係で豊かな自然を維持している事が評価されての指定でしたから、それを維持するための努力もまた厳しいものがあります。
 私たちはそれを意識しながら、保存に努めて後世に豊かな海と陸地を維持していくモデルとしていかなければならないとあらためて思いました。

コメントを残す