エゾシカ対策

 これまで何度もこのテーマが出てきました。
 保護管理計画によって、本来絶滅を危惧して保護すべきエゾシカが、増えすぎて「対策」となったものです。
 私が初めてエゾシカを見たのが1980年頃だったと思います。
 ビート堀のオペレーターをやっていて、隣の農家のビート畑で夕方突然あらわれたのを見て感激したことを覚えています。
 それ以来だんだんとどこでも見かけるようになり、畑作の農家から「何とかして欲しい、食用の芋ばかりを掘って食べられる」との訴えを聞くようになりました。
 その方は「この鹿は誰のものだ?」といっこうに対策を示してくれない支庁の職員に聞いたそうです。
 するとこの職員は「道民のものでしょうね」と答えたので、「それでは悪さをしないように”もくし”でもして繋いでおいてくれ」と言ったそうです。
 とんちのきいた、笑えない話です。

 今日はこの問題について、自民党道連プロジェクトチームの検討会がありました。
 この中では、道の各関係部局から現状や対策などの説明があり、この中で有害鳥獣の捕獲数増加のための対策も説明されましたが、効果のでない対策について多くの意見が出ました。
 短期・長期に取り組むべき事が多く、一つ一つ着実に達成していくことが大事で、次回また具体的なことに踏み込んだ議論をしていくことになりました。

コメントを残す