地域政策懇談会

 自民党道連が全道各地で開いている、地域政策懇談会の一環として十勝西部地区(新得町、清水町、芽室町)、十勝南部地区(中札内村、更別村、大樹町、広尾町)で開かれ、政調会長の代理として出席し、それぞれの地域課題等について要望や意見を伺いました。
 共通していることは、道路建設や、農業基盤整備費の大幅な削減で、農業の将来だけでなく、地域経済が大変な危機に落ちいっていること。エゾシカの被害に対する駆除方法について有効な手立てをして欲しいこと。
 ヒブワクチンや、肺炎球菌、子宮頸癌ワクチン等の健康を守ることに有効なワクチン接種に対して、市町村などで助成の動きがあるが、道や国においてこの助成対策をするべきではないか 。
 農業の戸別所得補償制度についてはこれまでの経営安定対策の評価をしっかりした上で、決して急がずに制度設計をするべき、等のご意見をいただきました。
 日頃住民の1番近くで仕事をしている町村長さんたちの率直で貴重なご意見でしたので、解決に向かってしっかり取り組むことや、今後の自民党の政策に反映して行かなければならないと思っています。
花.jpg

コメントを残す