本格的な夏を前に

 今日で7月も終わります。
 本州の梅雨時のような、気温が高く雨の多い日々が続いています。
 畑作物は6月の遅れを取り戻し、一気に伸びていますが、馬鈴薯やビートはこの暑さと湿度の高い中で病気が着かないように注意が必要です。
 飼料用のデントコーンは例年になくのびが良く、このままだとかなり良い作柄が期待できそうです。
 自給飼料が主のこの地域の酪農ですから、更にその質と量を確保できるように、地力の維持や、作業体型・品種などについての研究開発を強めていかなければならないと思っています。
 ともかく、今年は豊作でありますように!

コメントを残す