高潮被害

 今日は大潮の日ということで、別海町から要請があり、昨年末に高潮の被害のあった本別海・走古丹地区の実態調査をしました。
 午後2時半、西別川河口の旧別海漁港は凪にもかかわらず岸壁と海水面が平らになっており、これに北から東方面の風が吹くと簡単に市街地に流れ込むことになります。
 またこの本別海から風蓮湖に面した走古丹地区へ行く道道が常に越波をし、生活道路が確保出来なくなる現状も確認しました。
 更に風蓮湖に突き出している半島部分に行く町道は、波消しブロックが沈下していることもあって、完全に崩壊しており、このままでは風蓮湖に海水が直接流れ込む危険性があり、内水面でのアサリの漁場に影響が出ることも心配されます。
 どの部分も緊急を要するものばかりで、今後各担当部局と良く打ち合わせをしなければなりません。
DSC03033.JPG
DSC03034.JPG

                      この電柱の海側に道路がありました

コメントを残す