政党

 通常国会を前にして、予算案を通すことや、関連法案を成立させるために、早くも修正論議が出ている事に対して審議をする前に修正論議とは?との議論がなされています。
 修正するほど自身のないものは不十分な法案だといっているようなものだといわれても仕方がないのではと、地方議会の私でも思います。
 もともと民主党のマニフェストや、それを実現するための財源ははじめから無理だといわれていたもので、単に政権奪取のための方便に合わせようとするところに無理があることを民主党自身が承知しているはずです。
 内閣改造で積極財政論の与謝野氏を引き抜き消費税引き上げ論を現実のものにしようとしているのも、財源不足を埋め合わせるもとにしたいだけのように見えてしまうのも、国民全体で育てるためと称して子ども手当を所得にかかわらずばらまいていることや、効率の良い走行を出来る高速道路を無料化してこの維持管理費は税金からにしようとしたりするからです。
 もう一度見直すべき事を自身で事業仕分けをしてからにしてはと思います。

コメントを残す