前日委員会

 明日からの定例会を前に、提出議案などを報告する常任・特別各委員会が開かれました(前日一斉委員会)
 特に、今回は予算案が主ですが、知事選挙を前にしての予算ですから骨格予算となっており、農政では継続事業や一般管理費などを中心としたものとなっています。
 こうした中でも、例えばこれまで国の予算の中で「ゼロ国」と言われる、事業の早期発注のための翌年度予算が、補正予算での一部計上があるのですが、今年は「一括交付金化」されたとのことから措置されておらず、道は今の建設業界の状況を踏まえて、「債務保証」という形の借入金で計上するという配慮をしています。
 国会では民主党会派が分裂などと報じられ、予算や、予算関連法案がどうなるか解らない状態の中ですが、道民生活を維持していくためにも道政はこうした措置をしながら、滞りなく進めて行かなければならないものです。

コメントを残す