羅臼漁港

 知事と、今日は羅臼町の、衛生管理型漁港を訪問しました。
 販売にあたって水産物の衛生管理が問われるようになった事から、魚の主産地となって居る羅臼漁港に開発予算で衛生管理型岸壁を建設しました。
 屋根の3階部分が駐車場となって居るもので、鮭児などの高級魚のセリも2階から見学できるように、観光客への配慮もされています。
 水揚げされた魚は鮮度を保つために、3度と低温で清浄な海洋深層水で処理できるようになって居ます。
 こうしたことにより、羅臼漁協では「羅皇」と名付けた高付加価値の鮭を販売できることになりました。
DSC03576.JPG            DSC03577.JPG

コメントを残す