町長・町議選が行われました。

 中標津町の、これから四年間を担う町長・町議選の投票が今日行われました。
 勿論、町長は無競争で、21日の告示時点で当選が決まっていましたので、一人オーバーの町議選の投票だけが行われました。
 選挙戦に入る前の時点では、二人足りないという状況でしたが、その後立候補する人や、現職を引退するのを留まった人が出て、投票となりました。
 最近、町議や、農協の役員などに出る人が本当にいなくなり、候補者を捜して頼み込むのに大変な思いをしています。
 昔、各地区から出ていた農村議員は中標津・計根別地区の二人となり、また若い人の立候補が殆ど無くなったのも、最近の傾向です。
 住民の皆さんから見れば、議員が何をしているか見えにくく、仕事もめいっぱい忙しい今では、議員になろうという若い人が出ないのも確かです。
 これに追い打ちをかけるのは、マスコミや、オンブズマンと自称する人達の議員たたきでは?とも思います。

コメントを残す