何をやってるの?

 参議院で、野党7党の提案した「問責決議案」に自民党が乗っかり、野田総理大臣の問責が議決されました。
 この案では、自民・公明が参加しての消費税引き上げに対する反対の表現もあり、自民党の賛成は国民に全く理解できないものとなっています。
 一体今の自民党首脳はこれをどう説明するのでしょうか。
 政権が欲しいばかりに、ひたすら政治ではなく政局に走る自民党としか国民の目には映らないのが解らないのでしょうか。
 こんな事を繰り返しているから、国民をだました民主党に代わって「やっぱり自民党」ではなく、また新しく目先を変えるだけの「橋本維新の会」に期待が行ってしまうのではないのでしょうか。
 来年任期満了で総選挙が行われるのは既定の事実なのですから、もっと国民が何を望んでいるのか、この国はどうあるべきなのかを政策としてしっかり訴えてそのとき政権復帰を果たせばよいのではないでしょうか。
 同じ政党に繋がっている私としては、ほとほと情けなくなります。

コメントを残す