北方領土の要請活動

 今日は、朝から自民党道連北方領土問題特別委員会の正副委員長の、小池道議・加藤道議と共に、終日関係省庁や、大臣に要請活動をしました。朝一は、中川政調会長で、ここでは返還についての、国の方針(4島の帰属を確認して、平和条約を結ぶという原則の上で、返還の順序については段階的に交渉に応ずる)と違った話では、ロシアに足元を見られるだけだから注意せよとの話をされました。
 その他では、麻生外務大臣、高市内閣府特命大臣、伊吹文部科学大臣の3人の他、橋本聖子道連会長、武部前幹事長、宮腰自民党領土に関する特別委員長、外務省欧州局審議官、ロシア課長など、実に沢山の方々に会って、要請することが出来ました。この他、北海道選出代議士の皆さんにも同様の要請活動をして回り、1日こんなに沢山の方々に会えたのは、初めてではないかと思うくらいでした。
 また、今日内示された来年度予算の中では、これまで要請を続けてきて、二年間調査費が付いていたビザ無し訪問専用船について、1000万円の仕様書作成経費が付けられたと言うことです。実現に向かって、一歩前進したと、評価できるものです。この他、後継者対策推進費も、200万の増額があり、今後返還運動を全国に拡げて強化する期待も示されました。
明日は、農漁業の関係の要請をすることにしています。


麻生大臣と、高市大臣に要請



伊吹文部科学大臣には教育の拡大、中川政調会長には、隣接地域の振興策について要請

久し振りの上京

 道議会自民党の殆どが、予算内示に併せて東京に集まっています。私も、午前中は挨拶回りをして、午後の直行便で東京に飛びました。夕方着いたので活動はありませんが忘年会シーズンで、街はお祭りの宵宮のように人々で一杯です。日本中の富と人間を集めているだけに、活気があります。邪魔になって道を歩けないほどです。ただ、ここで暮らしている人達が、北海道の田舎を理解できるかどうかです。東京ペースで何でも決められてはかなわないとも思います 

挨拶回り

 終日一年間お世話になった方々に年末のご挨拶に回りました。地元にいる時間が本当に少なくなったので、ご無沙汰ばかりしているお詫びかたがたです。まだ訪問していないところにも、何とか年内にお伺いしたいと思っていますので、悪しからずお許し下さい。

旭日双光章

 別海町の元議長、小原長俊氏が、20年にわたる町議会活動の功績で、旭日双光章を授賞され、別海町と議会による祝賀会が開かれました。町内の各界や、地域の皆さんが集まり、それぞれ御祝いの言葉をかけていました。小原さんは、50年ほど前私の住んでいる上武佐地区に、獣医さんとして赴任してきて、馬に乗って往診して回っていました。私が、魚釣りをしていて迂闊にも自分の耳をつってしまって釣り針がとれなくなって小原さんの所へ駆け込んでとってもらったことを今でも懐かしく思い出します。小原さんに会うと、そんな話を懐かしそうに話してくれます。獣医なのに、人間のお産も取り上げさせられたこともあるとか、そんな何もない時代でも、みんなが力を合わせて生きていたと話してもいました。その後別海町で診療所を開業し、酪農経営の安定のために働いていましたが、昭和58年地域から請われて別海町議会議員になり、その後、副議長一期、議長二期を努め、町の発展と安定に寄与しました。自治に関しては、私が敬愛するほどの思いを持っていて、今後も何かと教えて頂きたいものと思っています。

高市早苗大臣

 今日は、高市早苗北方領土担当大臣が根室市を訪れました。午前中は、関係者と共に納沙布岬を訪れ、雨に霞む貝殻島や、水晶島を眺め、8月に銃撃事件で亡くなった盛田さんの冥福を祈って手を合わせたあと、北方交流センター「ニホロ」に移動して元島民や、返還運動関係者との懇談に望みました。これまで、何人もの担当大臣が訪れましたが、「自分の役割は、領土返還交渉を後押しする国内の強力な世論を喚起すること」と明確に発言したのは初めてではないかと思いました。それぞれの大臣が、領土教育を前進させたり、元島民の支援対策を充実させたりしてきましたが、高市大臣には運動面で一歩前進を期待したいと思っています。安倍総理には内政、外交を一本の戦略で結んだ領土返還交渉をして欲しいものです。
 私たちも、自民党道連北方領土特別委員会メンバーとして、19日から21日まで上京して、各方面に訴えてきます。

福田康夫氏

 自民党第7選挙区支部セミナーが、根室市と、釧路市を会場に開かれました。昨年は、衆議院議員選挙の敗北もあって、開かれず、2年ぶりの開催でした。講師には、元官房長官の福田康夫氏を招き、「ニッポンの進むべき道」と題しての講演でした。今日まさに成立する新教育基本法の主要な考え方を述べ、その中で、最近の社会問題となっているいじめや、虐待、について、戦後社会の中で見失ってきた、日本の良い社会伝承が今になって、どれ程の値があったかに改めて気付くべきものとしていました。また、日ロ関係の中での北方領土については、最近のロシアの変化にふれ、国内の一致した見解の中で、日本領土だという世論を大きくしていかなければ、返還には結びつかないとも述べていました。
 今後、このセミナーを機会に、管内自民党が、しっかり結束し、責任政党としての力を発揮できるようにしなければなりません。

講演する福田氏             司会をしました

定例会が終わりました。

先月28日に開会した第4回定例会が、今日、会期を1日延長して終わりました。今回は、夕張市の財政破綻に伴う再建計画や、ばん曳競馬の廃止問題、いじめ自殺のこと、人事委員会による教育委員会が行った処分取り消し、知事の3年半の実績などが議論の中心となりました。与野党の知事に対する姿勢は、来年の選挙を意識して、全く正反対のものとなりました。教育長がいじめ対応のまずさを陳謝したり、人事委員長が厳しく追及されたり、公営企業会計の赤字が問題となったりと、本体以外の独立行政組織が議論の遡上に上ったのも、特徴的でした。社会が大きく変貌してきていることもあって、様々な問題が、一気に吹き出てきているのではと思えます。
 これで今年の議会日程は全て終わり、あとはみんな地元に帰って年末の挨拶と、来年の選挙の支持を訴える日々が続きます。あっそうか、まだ19日から、国の予算等に係わる陳情行動で、上京しなければならなかったのでした。

水素エネルギー

 今年の冬から国と交渉してきた、「道州制特区法案」が漸く国会で成立しました。これから、2月の1定で、これに関連する条例整備をして、4月から実施となります。統一地方選後に第二次提案に向けた検討をしていくことになりますが、道民から広く公募し、それを審議会で協議検討するための条例を第2定例会で作って、次の提案をしていくという日程になります。この第二次提案が、北海道の真価を問われることになります。そして、それを受け入れるかどうかは、安倍政権の浮沈にも係わります。そのくらい重いことです。このホームページに来訪して頂いている皆さんは、どうかこの一番下に記入している「メッセージはこちらへ」をクリックして、ご意見をお寄せ下さい。これが、自立に向かう第一歩だと信じています。
 午後から、特別委員会終了後、自民党総合エネルギー振興議連の研修会を開きました。今回は私の担当で、「水素エネルギー」について、北ガスから講師をお招きして、勉強させて頂きました。将来のクリーンエネルギーになるものだと思いました。

北ガス石田部長と勉強会資料

人事委員会

 今日は予算特別委員会の最終日。午前10時に開会となり、第1分科会と、第2分科会での審査内容が、各分科委員長から報告され、知事総括に残された件についての確認のあと、この報告を了承して、暫時休憩となり、午後から知事総括となりました。知事総括では、自民会派は[日豪FTA交渉について・農地水環境保全向上対策・観光対策」などについての質問でしたが、野党側では、知事の政治姿勢、夕張市の財政問題、米軍の訓練移転問題、談合事件など道側の対応に対する疑問点などを質す質問となっていました。入札については、出来るだけ、一般競争入札を増やしていく方向で検討していくとの答弁がありましたが、地域の中小業者への発注枠についてはどうするのか、今後の検討課題となりそうです。

与党と野党

 予算特別委員会2日目、企画振興部・知事政策部・出納局・人事委員会・総務部の各所管事項について審査しましたが、与党と、野党の質問姿勢が、来春の選挙を控えて全く対照的になってきています。勿論自民党会派は、高橋知事の再選を念頭に、実績を強調する形で様々な提案を含めて質問しています。例えば総務部所管の中で、自民党は、まだまだ出来る行政のスリム化を質問して、今後の行財政改革について、知事の支援をする発言をしていましたが、民主は、常に知事の失策としてあげつらって行きたいという意図の質問としています。野党としては、それしか活路はないのでしょうが、緊張感を保つと言うこと以上に、これで政治は出来るのか、責任政党になった時、どのような視点で政治を行おうとしているのか知りたいと思いました。勿論、私たちと同じに、農業のこと、景気のことなど、真剣に考えている人達が殆どですが、どうしても質問となると、対決姿勢を出さざるを得ないのかも知れません。