中国の挑発行為

 尖閣諸島で中国海警による領海侵犯が激しさを増し、国有化して以来と報じられています。
 南シナ海でも九段線という身勝手な主張を既成事実化しようと、珊瑚礁を埋め立てて軍事基地化を図るなど、国際裁判所の判決を無視して、大国の論理で独占しようとしており、これに批判をしている日本にも嫌がらせをしているようにも見えます。
 領土は不明確なところもあり、それが長い間戦争という形で解決されてきたのが世界の歴史ですが、その愚かさを思い知ったのが第二次大戦だったと思いますが、そう思っているのは日本だけのようです。
 北方領土を終戦時のどさくさで占拠した当時のソ連もシナ海全体を自分の海としようとしている中国も未だに力こそ正義と主張しているようです。
 さて、日本はどうすべきでしょうか?

標津町民祭り

 標津町民祭り水キラリが昨日から開催され、今日のフィナーレにあたる山鉾巡行に先導役として参加しました。
 もう二十年近くになる大規模な祭りですが、今年は「作られた伝説に付き合うのは大変」などというSNFへの投稿が話題になってマスコミにも取り上げられいつもより参加者が多かったのではと思うほど、多くの町民の参加と周辺からの見物客でいっぱいでした。
 秋サケを代表とする標津町の水産業も酪農業も豊かな水の恵みによるものと言うことで、水に感謝する伝説を作って祭りを作り上げたものですから、始めから作られた伝説である事は誰もが解っていること。
 町を挙げて参加する標津町民は素晴らしい!
mi.jpg

mi2.jpg

物産交流

 美唄市で「歌舞裸祭り」があり、ここで中標津町の乳製品を販売しているのでお礼と宣伝をかねて訪問してきました。
 今年で十一年・十回目になるこの物産交流は、私と今回の参議院選挙で惜敗した柿木前道議が、当時あまり気味で生産調整していた美唄の米と中標津の乳製品をお互い後で販売できないかと発案し、当時の市長と町長に会ってもらい、それぞれのイベントで出展し宣伝販売を始めたものです。
 始めは馴染みが無く、お互いの関係者が残りを引き取ったりもしましたが、三年目頃から馴染みが出来、早々と売り切れるようになって来ました。
 こうした交流が道内各地域で広がっていけば、北海道全体での地産地消拡大につながると思っています。
DSC01009.JPG
DSC01010.JPG

出展の様子と、小学生の頃私の近所から美唄に移転入植した宗田さん

ロシアトロール船操業禁止に

 今日は午前の最後に根室管内開発期成会が議会に来年度の重点予算要望に来ました。
 高規格道路の整備、農業基盤整備、海岸浸食防止工事、観光推進など多岐にわたっての要望です。
 先に来られた商工会議所等の要望と合わせて国や道での実現を目指します。
 午後からは羅臼町、標津町、別海町の町長と漁業組合長が知事や水産林務部長等に、ロシアトロール船の操業禁止を求める要望をしましたが、その場で一緒に要望をしました。
 豊かな海の主力だった助宗やホッケだけでなく、氷下魚やカレイまでが不漁となってきておりその原因の一つがロシアトロール船による根こそぎの漁獲にあるとして、ロシア側にその禁止を求めるものです。
 遠藤議長にも協力を求めました。
1470236764424.jpg

1470236774894.jpg

閣僚人事

 参議院選後の臨時国会が開かれ、議長に北海道の伊達忠一氏が選ばれ、また、議員会長には同じく北海道出身の橋本聖子氏が選ばれることになったとの報道があります。
 北海道出身者が参議院のトップを占めるという快挙とも言えますが、一方では、内閣改造によって誰がどのポストに就くかも非常に興味のあるところです。
 防衛大臣に「稲田政調会長」?止めてよ!
 石波氏農水大臣断る?やっぱり閣外ですね、その方が良いですよ。
 北海道からの入閣は?さてどうなるのでしょう。

土砂降りの中で

 毎日雨の話題ですが、今日は朝から天気予報以上に雨が強弱を繰り返しながら降り続いていました。
 息子が風邪を引いてねているので、最終便で出かける前に牛の餌くらいはやっておこうと、牛舎まで行きトラクターに乗り換えるちょっとの間にびしょ濡れになるほどの雨でした。
 牛舎へ向かう坂道も雨が流れてあちこち掘れてがたがたになってしまいました。つい二日前には綺麗に直してあったのにと思います。
 牧草はともかく、じゃがいもやビートはこう熱くて湿度が高くなると病気が出やすく、消毒しなければならないのですが畑に入れない状態です。
 もう良いでしょう?
雲.jpg