サハリン交流15周

 午前中から、役員会、道幹部との重要課題検討会、政審全体会議での代表格質問内容検討と会議続きでしたが、夕方、18次からは、北海道とロシアサハリン州交流15周年行事の一環として「2013サハリン経済ミッション」が開かれた後のサハリン州側からのレセプションが開かれました。
 昨日は、北海道側の歓迎レセプションが開かれましたが、私は参加しませんでしたが、今日は多くの議員仲間と参加しました。
 サハリン州とは、北方領土問題を抱えてはいますが、サハリン州側では、そのことは国が解決することで、州としては互いの経済発展のためにそれぞれ持っていないものを交換する(売り買いする)ことによって、お互いの経済発展を達成しようと考えています。
 少なくとも、「反日感情」がない隣国として、ロシア極東地域との経済を含めた密接な交流が、北海道にとって有意義なことです。
サハリン2.jpg

サハリン1.jpg

コメントを残す