防空識別圏

 中国が突然、尖閣列島を自国の領土とする主張を補完するためにこの空域に防空識別圏を設定すると発表した。
 日本がこれまで設定していたものと重なる形で、場合によっては、戦闘が行われる可能性を持ったとても危険な行為といえる。
 かつて、鄧小平主席の時代、周辺国の懸念に対して、「中国は(アメリカのように)覇権を求めない」といっていたのに、経済力がついてくるほどに、周辺国、特に中国より弱い国々への攻勢を強めて、領土を拡大しようとする態度には不信感が強まるばかりです。
 過去の不幸な歴史があることを認めながら、隣国としてその反省に立って永遠に友好国としてよき隣人であろうとしている日本に対する大国の態度とは到底思えない行為です。
 日中関係の行方を世界は息を潜めて注目していることでしょう。

コメントを残す