日本フードピア構想

 北海道が食をテーマにして地域振興を図ろうと、「国家戦略特区」に申請をしたものの一つです。
 目指すところは、食の多様な機能を活かした、健康に良い食品を生産・加工し付加価値を付けて北海道外に売っていこうという戦略で、オランダのフードバレーや、韓国のフードポリスに匹敵するものにしようという構想です。
 今回政府では国家戦略特区を設け、規制緩和をした中で経済活性化を図ろうとして全国からアイデアを募集しましたが、北海道の食・観光・エネルギーの3本柱の提案は意向に沿わなかったようです。
 代わりに提案しなかった農業の特区について北海道への打診があり、この中には農地所有の規制緩和や、農協の改革など受け入れがたいものも含まれていたと言います。
 今回は、フードピア構想の生産部分を活性化すると言うことで、トラクターや、園芸用ハウスなどにかけられている規制緩和を追加提案する事になりました。
 さてどんな反応があるか楽しみです。

コメントを残す