パール・ハーバー

 安倍総理が、太平洋戦争の開戦の地となったハワイのパール・ハーバーを訪れ、オバマ大統領とともにこの地で亡くなった戦死者の霊を弔うとともに、この戦争で亡くなった全ての人を念頭に「戦争の惨禍は二度と繰り返してはならない。この不動の方針をこれからも貫いていく」と述べた。
 これに対しオバマ大統領は「復讐ではなく、和解こそ大きな恩恵を受ける」と応じました。
 開戦の地であるハワイで、激しく戦った日米の首脳が会談しともに平和の大切さを訴えたことは、憎しみの連鎖や民族対立で戦火の止まない世界に対して大きなメッセージになればと願います。
 日露関係や、日中、日韓の関係もこうあれば日本だけでなくそれぞれの相手国にも大きな恩恵をもたらすことは明らかなのに、国内向けのパフォーマンスで日本たたきを繰り返す隣国との付き合い方を考え直すべきではと思います。

コメントを残す