酪農畜産対策決定

 来年度予算に先立って、その中での酪農畜産対策が決定した。
 加工原料乳補給金は、昨年比25銭引き上げの12.80円/Kgとなり、これに昨年のように安定供給特別対策0.20円/Kgと、チーズ向け助成金を合わせると実質単価13.25円/Kgとなりました。
 近年の、購入資料費高止まりを反映したもので、取り敢えず来年はこれでやっていけるようになったと思います。
 これに関連対策が、ヘルパー要因育成費分として4億円加算されて、ヘルパー確保にエーリック事業の代わりの力強い支援が出来たと思います。
 この他、25年度補正予算でも様々な資料自給率向上などの対策が盛り込まれており、これらを活用して、より強い酪農・畜産を育てていかなければならないと思います。

コメントを残す