農政改革案

 規制改革会議から、農業改革に関する意見が取りまとめられました。
農業委員会の見直しでは、選挙・選任方法の見直しや、農業団体等からの推薦制度の廃止、農地利用推進員の新設などの内容となっています。
新規参入としての企業参入を進めやすくするために、うるさい委員を排除しようという意図が見えます。
また、注目の法人の農地所有も事業要件や、構成要件などの見直しは兎も角として、どうしてこの様に所有にこだわるのかが私には解りません。
また中央会制度の廃止は、圧力団体としてうるさいところは廃止してしまえというように見えますし、全農の株式会社化は、農業組織として、規模の大小や、距離の遠近を問わず、同じ価格で供給してきた飼料や資材が、商系のように大規模の所は安く、また遠距離は割高というような差を付けざるを得なくなるのではとの心配もあります。
単協の専門化に関しても、見直すべき所は一部有るものの、信用事業のあり方については、互助金融の視点と貸し付け決定の敏速化などや、そこでの利益を営農指導に振り向けている所などの組合員負担をどうするか等、全く現場の視点を欠いたものとなっています。
先に出された人口問題の将来予測にある、地方(農業地帯)から人が消えて地域が成り立たなくなるということをどう考えての結論か、議論してみたいものです。

コメントを残す