HOKKAIDO政治塾

 自民党道連が、次代を担う人達を育てるために開いている「HOKKAIDO政治塾」の講師を依頼され、今日は日帰りで札幌に出向いてきました。講演の内容は「道議会政審のお仕事」というふざけた題を付けて、自民党政審のことや、北海道が当面している重要課題についてお話しをしました。
 政治を目指す人が少なくなっている中で、こうして政治感覚を磨き、知識を得ようとしている若い人達がいるのは、将来を悲観することばかりではないと改めて思いました。
 北海道は自立できるまでまだまだ時間も努力も必要ですが、道民に自立の機運を作って行くことが出来るなら、必ず独立も可能な地域になれると信じています。
(独立してロシアの一部にするようなことはしませんが・・・。)

コメントを残す