道議会定数是正

 来年春の統一地方選に向けて、一票の格差是正のための検討が行われています。
 今日の道新の社説では、「地方の声が届く配分を」と題して人口比による見直しだけで議論を終わらせてはならないとしています。
 政令指定都市である札幌市内の選挙区定数も課題ともいっています。
 議会の判断で、それぞれの実状にあった区割りや定数配分が可能な仕組みが求められるとしていて、「類似の問題を抱える全国の地方議会とも連携し」としているが、残念ながら全国には北海道ほどの広さも問題となるほどの人口格差を抱えた県もないのが実態です。
 政令指定都市に本当に北海道全体の4分の1を越える議員が必要かとも書いているが、一票の格差で憲法違反として訴えられたとき、3倍以上の格差が勝てないことは、判例を見ても解ります。
 かくして、地方が消える前に、地方から議員が消えることをどうしようもないのが今の憲法です。
 決してこれは自分の身分を保持したいが為の話ではありません。
 少数となっていく地方を守る発言者がどんどん減っていくのは、選挙制度だけでは解決できない問題ということです。
 1400401949351.jpg

コメントを残す