TPP交渉と農業団体

 TPP交渉が、シンガポールでの閣僚会合を終えて、一定の前進があったとの共同声明を発表した。
 日本側も8カ国と2国間協議をし、協定をまとめるために前進しようとしています。
 アメリカとの交渉では、豚肉や牛肉で関税引き下げなどでの対応で妥協しようとしていた?アメリカ政府に対して、農業団体の強力な圧力がかかって再び関税撤廃の方向を主張していると見られたいます。
 アメリカの農業団体も、日本の酪農や畜産を衰退させると、今関税なしで日本が輸入している2千万トン以上の穀物の輸出先を失うということでもあると言うことを考えるべきだと思います。

コメントを残す