二つの判決

 今日は、地裁での一審判決とはいえ、二つのある意味でショッキングな判決が出た。
 一つは、大飯原発の再稼働を認め無いもの、もう一つは、厚木基地での夜間飛行差し止め判決です。
 国益とは何か、住民の生活権とはどうあるべきものかというこれまでの常識を変えるものとも言える判決でした。
 利益と利便性と安心を求める国民の要求に応えようと進めてきたことをある意味、否定するものではないでしょうか。自由にものをいえ、自由に行動することが出来るようになった今の社会は私たちが求めてきたものですが、こうして反対する人達は、どういう世の中を思い描いていて、どうやってそれを実現しようとしているのか知りたいものです。
 独りよがりでなければいいのですが。

コメントを残す