経済部へ質問

 予算特別委員会2日目は、月曜日なので午後からの開催でした。
 経済部所管の質疑が行われ、私は、「エネルギー政策について」と「人材確保」について質問しました。
 原発が停止したままの状態では、電力供給がぎりぎりの中で毎日が送られています。
 道では、省エネ・新エネ条例の中で、原発を「過渡的エネルギー」と位置付け、将来の脱原発を目指していますが、そこに至る新エネルギー(再生可能エネルギーなど)の割合や、どうやって量の確保やコスト低減を実現するかの道筋を示してはいません。
 道民の中には、反原発の機運がそれ程大きいとは思いませんが、当面再稼働するとしても、新しい原発への更新はせずに新エネルギーに転換すべきというのが大勢で、私もその方向の支持者です。道は早く目標割合とその道筋を提示すべきという質問です。

コメントを残す