デフレ脱出のポイントは

 時事通信社主催の「内外情勢調査会」講演会が開かれました。
 この調査会の会員になっているので、出席しましたが、今回は若手評論家として活躍している三橋貴明氏が講師で、「2017年の本経済の展望と課題」について語ってくれました。
 まず、経済という言葉について、「経世済民」からきているとの話から始め、ア安倍政権が進めているデフレからの脱却は、実質経済成長が上昇していないことで実質賃金指数が低下し続けており達成されてはいないとし、今の経済の状況は、このことが原因で所得が減少し、それのよって消費が落ち込み物価の下落を招き、所得の減少へとつながる負の連鎖が起きており、これをデフレという。
 これに追い打ちをかけたのが、国債が一千兆円を超えたということでの財政緊縮と、消費税増税だということでした。
 経済は難しいと思っていますが、結構単純なこともあると思いながら聞いていました。

コメントを残す