シーズンの終わり

 日本シリーズ進出をかけたクライマックスシリーズは、最終戦まで粘った我らが日本ハムが、残念ながら敗北しました。
 今年は昨年の最下位から脱出したものの、なかなか波に乗れず中位を低迷していましたが、最後になってようやく成績も安定し、3位となりました。
 長くチームの中核として活躍してきた、金子誠や稲葉篤紀などのベテランが引退を表明して俄然チームが蘇った感があります。
 最終戦まで行ったことで、選手の間には悔しさも倍増したことと思います。
 昨年の最下位よりもっと悔しかったのではと思いますが、この悔しさを来年へのトレーニングに活かし、来期こそはぶっちぎりで優勝して欲しいものです。

コメントを残す