ドラフト会議

 プロ野球のドラフト会議が一昨日開かれ、日本ハムは今回最大の目玉だった、早稲田の有原投手を引き当て、昨年の雪辱を果たしました。
 くじ運の悪い栗山監督を抽選要員から外したのが最大の勝因とは面白いと思います。
 即戦力として期待出来る選手ですが、じっくりトレーニングをさせて、斉藤投手のようにはしないよう大事に育てて欲しいと思います。
 今年は柱となるべき選手が不調で、大谷以外の若手にもチャンスが廻り、そのチャンスを活かした上沢や浦野が活躍して、クライマックスシリーズ後半の最終戦まで行くことが出来ました。
 来年は中田が、もっとすごみの感じられる4番になれば、優勝も可能と思います。

頑張れ日本ハム!

コメントを残す