格差社会

 アメリカ南部で、黒人の少年が射殺された件をめぐって、暴動が起きています。
 発端はモデルガンを持った少年を、本物の銃を持っていると思った警官が撃ち殺し、その是非をめぐる裁判で、裁判員が不起訴としたことを怒った市民による暴動となったというものです。
 底辺には、アメリカ社会の中に残っている根深い人種差別と、経済的格差社会にあると見ています。
 アメリカンドリームがある代わりに、どうしようもない所得格差が存在し、それが広がっていること、黒人の大部分がこの中に入っていることなどの鬱積したものが爆発したように思います。
 アメリカに見習って(圧力で?)何でも自由にしておけば、活力が高まり経済成長ができると言う新自由主義の負の面が現れているのが、アメリカの格差社会ではないでしょうか。
 日本には日本の良さがあることをもっと大事にしなければと思います。

コメントを残す