地方創生の前に

政府自民党は、今後の最重要課題として地方創生を掲げています。
それはそれとして必要な施策と思いますが、その為には各地が競ってアイディアを出すこと、その活性化策を審査して頑張るところへ支援すると言うことです。
しかし、頑張っていない自治体があるのでしょうか?
しかもそれを審査するのは、何だか改革会議のような現場感覚のない人達なら、勘弁して欲しい。
それと、今回の爆弾低気圧の被害を受けた羅臼町のようなところで、公共事業抑制等と言って海岸の安全対策が遅れるようなことがあれば、何処に担い手が育つのか、農業基盤整備が停滞したら、農業の競争力強化も、新規の担い手確保も出来ようがなく、何処に地方創生が成るのか、そうしたことを全て勘案しての地方創生にしなければならないと思います。

コメントを残す