羅臼町

 羅臼町消防団の春期総合訓練大会が開かれました。
 羅臼町では、これまで一年間で住宅火災が一件と昨日の解体中の船の火災(ぼや)のみで終わり、相変わらず火災件数が少なく経過しています。
 これも人口6000人足らずの町に6分団130人の団員がいて、各町内会で防火意識の高揚に勤めているおかげと思い敬意を表します。
 羅臼町と言えば、昨年は8月の大雨による崖崩れ、12月の爆弾低気圧による高潮被害、冬の間、自衛隊の出動要請や、相次ぐ通行止めになった暴風雪被害の繰り返し、大雪による雪崩の発生と融雪による崖崩れと地滑りなど、自然災害の相次いだ一年でした。
 こうした災害の場合も地元に消防団があるという安心感は大きなものがあります。

コメントを残す