北海道食産業研究会

 多少大袈裟な研究会ですが、要するに道産ワインを飲みながら、道産素材を使った料理を楽しむ会です。
 近年道産ワインは、先発していた池田ワインや、富良野ワインなどの行政が取り組んだものに続いて、小樽や余市のほかに、岩見沢や三笠などのワイナリーが続き、品質もヨーロッパのものにひけをとらないものになって来ています。
 ぶどう畑(ビンヤード)の景観と合わせて、これからの観光の目玉にもなります。
 食は道産の材料をふんだんに使って、イタリア料理風に調理したもので、いずれも美味しいものばかりでしたが、ジビエとして出た、エゾシカの”たん”(舌)を丸まま煮込んだものは、美味しかったものの全部は食べられませんでした(済みません)
 美味しいワインを私としては飲み過ぎてすっかり酔ってしまいました。

コメントを残す