農推協

 自民党の農業者組織である「農政推進協議会」の総会と研修会があり、そこでの講演を依頼され、勝手な話をして終わりました。
 自民党員、それも地域の支部長、道議会議員でありながら、自民党政権の農政批判をして、好評だったことは、現場の党員が、安倍政権が進めようとしている新自由主義による規制改革に大きな不満を持っていると言うことです。
 地方にあって懸命に自民党を支えているものの言うことを聞かないで行う改革にどんな意味があるというのでしょうか。
 自民党員であるからこそ人口減少していく地域での不満を懸命になだめながら選挙を戦っていることを、首脳部の皆さんは解っているのでしょうか。
 中央にあるトップの皆さんには私達現場の人間が見えないものが見えているのでしょうが、それなら私達が納得するまで説明をすべき問題です。
 このままではまた自民党が崩壊してしまいます。

コメントを残す