安全保障法制研修会

 今日は、午前中根室地方議員連盟の総会、午後は道東防衛議員連盟の総会のあと、今議論の的になっている安保関連法制についての研修会を公開で開きました。
 講師は自民党本部政調会調査役の田村重信氏で、今論点になっているところを分かりやすく話して頂きました。
 野党の質問や批判は、殆どデマとレッテル貼りとの話から始まり、今回の法改正は抑止力の強化で、戦争を防止するためのもの、徴兵制は憲法上出来ない、他国防衛それ自体を目的とする集団自衛権の行使は認められないタガがはめられていて憲法に違反するようなことは出来ない、等野党や一部マスコミが批判することは当たらないとのこと。こうした話は出来るだけ多くの人達に伝えなければならないと思いました。
 それにしても、この法案から、どうして他国に行って戦争ができると読もうとするのだろう?

コメントを残す