ノーザンレスキュー

 今日を最終日に、8月28日から、道東を中心に「ノーザンレスキュー2015」が開かれ、その一環として中標津町でも避難・救助訓練が行われました。
 自衛隊も炊き出しで参加し、消防署員による救急救命講習の後、美味しいと評判のカレーをご馳走になりました。
 救急救命講習では、毛布と棒を使った担架の作り方や、段ボールや傘を添え木代わりに骨折の応急処置、心臓マッサージやAEDを使った講習なども行いました。
 私は3年前に取得した「北海道防災マスター」の一員として参加しましたが、日頃からこうした訓練を各町内会単位で開いておくと、いざというときに必ず生きると思います。
DSC00661.JPG
DSC00662.JPG

DSC00663.JPG
DSC00665.JPG

DSC00669.JPG
DSC00672.JPG

コメントを残す