厳寒の中の冬まつり

中標津冬まつりが開会されましたが、今日はこの冬、というよりは最近にない厳しい冷え込みで、中標津町でも空港にある観測施設で-29.7度だったとか。9時半からの開会式では陽の当たらない舞台上ではじんじんと冷えてくるのが分かる冷たさでした。しかし開会式後に行われる餅撒きに集まった子供たちは元気いっぱいで、その後のドッチビー大会でも元気よく走り回っており、まさしくお祭りは子供たちのものということを実感させてくれました。祭りは明日まで。