役員会で

おおむね決定に向かっていた4月に行われる統一地方選挙における知事候補に北海道両院議員総会の決定を受けて道連役員会が開かれ、議論の末鈴木夕張市長の推薦を求めることに決定しました。武部道連副会長と渡辺副会長が会長に代わって議会に来て、これまでの進め方について長谷川代行から陳謝があったこと、そのうえで吉川会長に一任という決定がされたことが説明されました。道議会議員側からは、これまでの進め方についてや、和泉氏に期待して選考の要請をしてきた団体等への理解をだれがどのようにしてするのかといった質問や意見が出ましたが、分裂選挙にはできないということと、野党に渡すわけにはいかないという点で一致し推薦を承認しました。決まった以上結束して戦うのが自民党ですが、力の入らない選挙となりそうです。