部活動

文教委員会で「北海道の部活動の在り方に関する方針」案の説明がありました。これは、平成30年3月に文科省が、12月には文化庁が運動部活動や文化活動の在り方に関するガイドラインを策定し、都道府県に方針の策定を求めていることに従ったものです。この中ではさらに学校の設置者に対して「部活動の方針」の作成を求め、校長に活動方針を策定することとし、部活動顧問に対し年間及び毎月の活動計画並びに活動日時、休養日などの活動実績を作成・提出させることや、保護者・生徒に活動計画、経費などの資料を配布するなどして保護者・生徒の理解を得るとしています。丁寧では良いのですが、ますます部活動顧問の仕事が増え顧問のなり手がいなくなるのではと案じられます。