汽水湖

 今回、ある施設の建設を巡って漁業者の反対で暗礁に乗り上げている件があり、あらためて厚岸湖という汽水湖の状況について様々な資料を集めて勉強をすることになりました。
 汽水湖とは湖ではありながら外海との開口部で海水が出入りし、淡水と海水がまじりあって両方の特性を持っているもので、それゆえに多様な魚や貝類が豊富に取れるところでもあります。
 上流に人の生活がないのであればいつまでもその状態が保たれますが、今はそのようなところは日本中にはなくどう共存するかという事態になっています。
 上流に住む人たちはそこのところを配慮して最大限その汽水湖の環境を守るようにすることは当然ですが、その汽水湖で生計を立てている人たちもまた、そのようなことを条件にしながら上流の生活を認めるという事がなければ地域は成り立たないのではと思って勉強している次第です。

コメントを残す