東京では

所要があって急遽上京しました。一つ目は先日新聞で報道された国の研究機関が行っている鮭の放流事業を縮小する検討をしているということに関して、党の水産部会長であり、サケ・マス議連事務局長でもある伊東代議士に要望しました。代議士も報道を見ていて、すぐ水産庁の増養殖担当課長に電話を入れて状況を聞きましたが、水産総合研究機構の予算が毎年削減されており、研究費の確保が大変になってきているため、施設の改修が難しいとのことでした。サケマス議連でこのことを協議してもらうことになりました。もう一つは棚野町村会長とともに自民党本部に和泉氏を知事候補に擁立することに力を貸してほしいとの要請でしたが、そのことは自民党支部で決めてきてほしいとのこと。当然のことですね。