合同会議

知事候補選考について私たちが求めた会合が開かれました。冒頭まず長谷川会長代行からこれまでの経過説明があり、①会長が高橋知事の5選阻止しているというのは誤解②選考が鈴木ありきとの誤解③年末年始の執行部の動き④和泉局長からの意思表示⑤党本部の世論調査結果について説明がありました。その後出席者からの質問や意見を求めましたが、候補の人選も含めてこれまでの進め方は承服できず、もっと道民・特に一緒に北海道の将来を担う地方自治体の長や、自民党支部、産業界などの意見を聞くことと十分な説明をすることが多く出され、一任するということには話が及びませんでした。生みの苦しみですが、将来のために正しい判断をしなければなりません。