新しい視点

今日は新年初めての常任委員会でしたが、文教委員会では全国体力調査の結果概要が報告され、その中では北海道の児童生徒の体力が前年より向上していました。終了後全道私学協会の新年交礼会に出席、そのあとは林業人新春恒例会に出席しました.そこで北海道林務局長と話す機会がありましたが、その中で今盛んに切られているカラマツは70~80年経つと優良な梁材として何倍もの付加価値をつけて使えるので、非常にもったいないとの話を伺いました。まだ30年ほど置かなければならないので待ち遠しいのですが、道有林や町有林なら可能かと思いました。