公共交通フォーラム」

鉄道を中心とした公共交通を確保するために何をするかを考えようというフォーラムが開かれました。北大の岸准教授からは、単純に言えば500万道民が一人当たり4000円今までより多く乗るとJRの赤字は解消できるということで、まず目標を定めること。オール北海道での利用促進をすること、すべての主体が一体となって取り組むことなどが提案されました。続いて最近まで千葉県のいすみ鉄道社長だった鳥塚氏は、観光といっても大げさなことではなく、非日常体験ができることがあればよい。そして線路を守るための地域力が必要、と語りました。またその後のパネルデスカッションでは単独では存続できない路線として国やJR北海道がその維持費などの負担を求めている路線が、その法的根拠としている単なる地方路線なのかという疑問が提示されました。考えることはたくさんあります。