言い分

今日からようやく年末のあいさつ回りに入りました。一年間活動を支えていただいたお礼と来年の改選にあたっての支持のお願いをしながら、時間のある所では懸案についての考えもうかがっています。以前要請を受けた件について訪問した組織の考えをうかがうことがありましたが、モノのとらえ方、言い分は全く反対のことがあり、一方の言い分を聞いただけではなかなか分らないことを改めて思い知りました。私の思い入れによる行動にもこうしたことがありますが、信念と他の意見の調整は難しいものです。