定例会終了

今日第4回定例会が終了しました。まずは131億円の災害復旧費をはじめとする323億円の補正予算。この中には公共事業の端境期に効率的な執行を確保するために道の単独事業予算を用意し、今年度中に測量設計、発注などを執行できるゼロ道債と呼ぶ予算も60億円が入っています。このほか、知事などの特別職をはじめ、道職員、道立・市町村立学校の教員、警察官などの給与引き上げをする条例改正案などを全会一致もしくは賛成多数で議決したほか、私立専修学校での専門的人材育成の強化や、放課後児童クラブの質確保などを求める意見書など6つの意見書、国際リニアリコライダーの誘致に関する決議を共産党の退席で議決し終了となりました。次は2月15日からの予定です。