束の間

先週は土日に地元に帰れなかったので、休会日を利用して一日地元に帰り、家でのことや事務所でのたまっている案件の処理をしてきました。夕方、初当選時からお世話になってきた地元の「月刊新根室」前社長が亡くなりそのお悔やみにも寄ることができました。来年の選挙を控えて地元に帰ることがなかなかできないのは不安でもあり、申し訳なくも思いますが、まずはみんなの期待する施策を着実に実行していくことが役目と割り切って頑張ります。