7月豪雨

旭川で今年7月の豪雨被害のあったペーパン川と倉沼川の災害復旧に関する対策が決まったということで、この災害後開かれていた協議会の報告会議が開催され、災害対策本部の幹事長として出席しました。この付近はたびたび大雨による反乱で被害が出ていましたが、地権者の意見がまとまらず河川改修の工事が進まない状態となっていました。一昨年と今年の被害を受けて道の建設管理部、旭川市、東川町、この地域の土地改良区、自治会などの皆さんが、長谷川(参議)本部長代理の呼びかけで協議会を作り、関係する83軒の同意をとって今後の防災工事計画を立てることにこぎつけました。今後4年間かかる工事となりますが早く安心できるといいですね。