アピール行動

12月1日は戦後まもなく根室町長「安藤石介」がアメリカの駐留軍に北方領土を占領してくれるよう要請した日。この日を機に東京で根室管内の北方領土隣接地域協議会(北臨協)主催で東京アピール行動をするようになりました。今年は東京八重洲口付近での行進でしたが、例年と違って「島を返せ」というシュプレヒコールではなく、「平和条約を結ぼう」「平和条約を結んで領土問題を解決しよう」と、一昨年と同じようにソフトなシュプレヒコールでした。交渉は国が決めることで、その結果は受け入れるつもりですが、日本国民としては領土の主張を控えるべきではないと思います。