反発

 TPPの大筋合意以来、小出しになっていた関税削減や撤廃のほぼ全容が明らかになって、農業者の間には裏切られたという反発と、前向きに対応していこうという思いの様々な反応が聞かれます。
 交渉に入った時点で国会決議がされましたが、全く無傷であったりこの貿易圏から離脱できると考えた人は殆どいなかったのではと思います。
 私たちも国会決議を守ることが最低限の妥協といっていましたが、その視点でいうと今回の大筋合意が聖域を守りきったとは言えないとは思います。
 しかし、一方で北海道農業を守ると言う最低限の道すじは確保出来たと思っています。
 短期的、長期的な対策と共に農家の不安を解消していくことが、今後の大きな・大事な仕事と思っています。

コメントを残す