国を守る力

陸上自衛隊別解駐屯地の53周年記念行事が開かれました。日頃厳しい訓練を積んでいる成果が存分に発揮されている訓練展示でした。銃撃や砲撃はもちろん空砲での訓練ですが、実戦さながらの敵陣地攻略戦で、これが実弾による実際の戦闘とならないことを祈るばかりです。自衛隊が国の独立と国民を守っていることを疑う人はいないと思いますが、憲法でその存在を明記することにはいまだに半数近くの国民が反対もしくは慎重です。このような中で就職状況の良い今は、隊員募集に苦労しており、このままでは国防そのものが危うくなるのではと危惧します。